Infcurion Insight

決済業界・Fintechの最先端情報を届けるニュースメディア

QRコード決済の利用はファストフード・ドラッグストア・コンビニがメイン~決済動向調査2022~

前々回の「QRコード決済の利用率が電子マネーを初めて上回る」、そして前回の「若年層に広がるブランドデビットとBNPL、現金利用は減少」に続き、今回も当社オリジナルの「決済動向2022年4月調査」の結果の一部を紹介します。

  • 医療分野での支払いは現金が多数でキャッシュレス化に遅れ
  • QRコード決済は、ファストフード・ドラッグストア・コンビニで多く利用される傾向

この記事は『CardWave』341号(2022年5・6月号)に掲載された「QRコード決済が電子マネーを超えた日 消費者調査に見る決済市場の構造変化」を抜粋し一部の見出しや改行を改変したものです。

「決済動向2022年4月調査」の主要な結果は当社プレスリリースでも紹介しています:

QRコード決済の利用率が57%となり、FeliCa型電子マネーを初めて上回る結果に BNPLは、若い女性を中心に躍進し、11%の利用率でブランドプリペイドを凌ぐ勢い」、株式会社インフキュリオン プレスリリース、2022年5月25日

15業種のキャッシュレス決済利用状況

多様な決済手段が利用可能な日本であるが、消費者は一律にどの加盟店でも同じ決済サービスを選択しているのだろうか。今回調査では、この疑問点に対する解となりうるデータを収集したので図5に示す。これは、対面決済する15業種において、もっとも利用する決済手段を一つ選択する設問の回答データである。対象は、各業種を「利用する」と回答したそれぞれ数百名の利用者である。図5は現金利用者の多い順にソートしている。

図5 各業種における決済方法(単一回答)

現金利用が顕著に多いのは病院・クリニック・処方薬局という医療関連業種で、約7割の利用者が現金払いを選択している。

図5からはほかにもさまざまな示唆を得られるが、ここではQRコード決済アプリが多く利用されている業種に注目したい。最も多いのがコンビニエンスストアで、現金(35%)に匹敵する水準(33%)の利用率である。クレジットカード(14%)やFeliCa型電子マネー(16%)の2倍以上というのは驚きだ。ドラッグストアでも、QRコード決済は現金
(37%)に次ぐ利用率(25%)だが、3位のクレジットカード(24%)との差はわずかである。

そしてファストフードでは現金(44%)の利用が多いが、現金に次ぐ決済手段となっているのがQRコード決済アプリ(24%)である。ここでは、クレジットカードやFeliCa型電子マネーとの差は大きい

コンビニ、ドラッグストア、ファストフードでキャッシュレス決済として利用率首位となったQRコード決済アプリだが、これらは比較的単価の低い業界である。決済サービスとしての収益性を考えると、現状のままでは難しい問題を抱えたままであると言える。